中学受験の必勝法

中学受験は塾で攻略

勉学

受験なら塾が頼りになる

現代では、教育ブームによって、多くのご家庭が受験や塾に関心を持っています。特に受験は将来を左右する大切なものです。人生に一度しかない中学受験を合格するために、塾に通うことをおすすめします。塾では講師が丁寧に指導してくれるので、安心して勉強ができます。

レベルでクラス分け

塾での授業でお子さんがついていけないかもしれないと心配に思っていませんか?そんな、ご家庭に朗報なのが、「塾では個人のレベルに合わせてクラス分けが行われる」ことでしょう。お子さんの学力に合わせて、学ぶスピードを変えてくれるのも、塾の魅力です。

過去のデータが豊富

塾には全国各地の学校の受験データが豊富にあります。そのため、志望校の過去問題集で勉強することが可能です。また、塾によって各学校の受験対策方法が違いますので、自身が行きたい志望校の過去問を多く保持している塾を選ぶといいでしょう。

同じ目的を持った仲間がいる

ご家庭で独学して勉強するよりも、塾で勉強する方がおすすめなのは、同じ受験という目的を持った仲間が沢山いることでしょう。ライバルがいることで競争心を煽ることができますし、仲間がいることでやる気ができます。

中学受験の対策方法

塾に通う

中学受験に合格するための、正攻法としてやはり塾に通うことがおすすめでしょう。塾なら、お子さんの志望校に照準を合わせて、受験の対策をすることができますし、学校では習わない応用力を学ぶことができます。

志望校の出題傾向を確認

中学受験をするなら、自身が志望している学校の出題傾向を知っておくことが大切です。どんな学校でも、毎年、試験の内容に偏りがあるものです。そのため、出題傾向を予測しておくだけでも、合格率をアップすることができます。

自分に合った勉強方法を選ぶ

人間には、それぞれ覚えやすい勉強方法と覚えにくい勉強があると言われています。また、人によっては、教科書を見ているだけで暗記したり、キーワードに関連して覚えたり、やり方は違います。その中で自身が一番覚えやすいと思った勉強方法を実践しましょう。

集中力を向上させる

集中力がないと、勉強していても覚えられないことが多いです。そのため、勉強には集中力が必要なのです。集中力をアップさせる方法は適度に休憩を挟むこと。勉強を1時間した後に、5分程度の休憩がベストと言われています。

苦手な科目を重点的に

中学受験では、苦手科目が受験の合否を左右する可能性が十分にあります。そのため、苦手分野を積極的に勉強するように心掛けましょう。苦手科目が得意科目と同じぐらいの点数が取れたら受験を確実に合格することができるはずです。

広告募集中